読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びよーんのつま。

「私たちは、生きてさえいればいいのよ」(太宰治「ヴィヨンの妻」)

面白い映画がアホほどある時代に生まれて

映画

概要

月3ペースで映画館に足を運んでいると、もっともっと新作映画を観たくなる。だが現実は厳しい。

目次

「映画を観る」という文化

大学のサークルで映画好きの人たちに出会うまで、私の中に「映画を観る」という文化はなかった。

私が「見る」映画とは専ら宮崎駿で、高畑勲で、ディズニーで、それも、父の買ったレーザーディスクで見るものだった。そこには「映画」という実感はなかった。父によって「良質である」と選別されたコンテンツだけをテレビの画面で見ていた。

夫は「映画を観る」文化を持っている人だ。現在、我が家ではHulu、Amazonプライムバンダイチャンネルなど複数の有料配信サービスで良質な映画を見られるようになっているし、各々観たい映画があれば映画館へ足を運ぶ。

「映画を観る」という習慣は、それが他人のすすめであれ何であれ、自分で見るものを選ぶところから始まるものだと思っている。

他作品の予告映像について

映画館で映画を観ようとすると、実際には、最初の10〜15分は他作品の予告映像が流れる。

これについては賛否両論あるが、私は肯定的というか、この10分がとても楽しい。これは観たい映画を自分の中にストックする機会だからだ。この前「SAO」を観に行って、予告で「見たい」と思ったのは「ひるね姫」「ゴースト・イン・ザ・シェル」「アサシンクリード」「三月のライオン」だった。


映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』本予告【HD】2017年3月18日公開


『ゴースト・イン・ザ・シェル』 | ファースト・トレーラー


映画『アサシン クリード』マンチェスター・ユナイテッドコラボ予告


映画『3月のライオン』主題歌入り予告編

1ヶ月に観る映画・諦めた映画

私と夫が実際に映画館に足を運んで観た映画は、先月の間だけで以下の3本なわけだが、

この3本というのは、少なくとも以下の6本を諦めた上で観た3本だ。

  • 「愚行録」
  • 「たかが世界の終わり」
  • 「マリアンヌ」
  • 「相棒-劇場版IV-」
  • 「スノーデン」
  • 沈黙 -サイレンス-

たとえ夫の分のチケット代を私が負担していなかったとしても、レディースデーを使ったとしても、私は観たい映画をすべて観ることができないのだ。

映画にも「定額プラン」が欲しい

映画を観ることが習慣化している人間は、予告映像に触れる機会が多いため、より劇場に足を運ぼうとする。しかし、1回1800円というチケット代は決して安くはない。したがって、話題作から消費されることになり、潜在的に見込まれる観客動員数を損失し……

面倒臭いので平たくいうと、月額7780円(税込)で映画を観まくれるプランが欲しい。これは1800円×4本+消費税の端数切り上げから出た数字だ。もしくは月額5800円(税込)で特定タイトル以外の映画を観まくれるプラン。これは3本+消費税の端数切り捨て。

もったいないんだよな!!!1800円の壁に阻まれて切り捨てられる映画が存在することがもったいないんだよな!!!観て、感想を言う人がいればもっと観る人が増えたかもしれない、そういう時代に、1800円の壁の向こうにあるはずだった地域タイアップとか円盤とか続編とか配信とか、そういうのに繋がらない作品があるかもしれないのがもったいないんだよな!!!

何より「YouTubeに金払って見ればいいや」になるのがまたもったいないんだよな!!!上映設備がどんどん立派になっていく一方で、ネット配信だけで満足する層がどんどん増えていく。先に私の幼少期の映画体験を示した通り、親の映画鑑賞スタンスがそのまま子供に引き継がれるので、この先映画館暗黒期が来るかもしれない。

ああ、いや、正直に言います、お金ないけど感想ならいくらでも書くので映画を安く観させてください!!!

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

沈黙(新潮文庫)

沈黙(新潮文庫)