びよーんのつま。

「私たちは、生きてさえいればいいのよ」(太宰治「ヴィヨンの妻」)

KDPで詩歌集を出したときのTips

概要

KDP(Kindle Direct Publishing)で処女詩歌集を発行した。

雪解けの日に: 吉野雪緒 詩歌集

雪解けの日に: 吉野雪緒 詩歌集

その際ためになったもの、自力で調べる必要があったことをまとめる。

目次

参考書籍

KDPではじめる セルフ・パブリッシング

KDPではじめる セルフ・パブリッシング

コミティアで同人誌を売れる程度の能力」の持ち主なら最低1章後半〜2章、5章を読んでおくといい。

EPUB3制作環境

Atom

atom.io

何かパッケージを別途追加することなくMarkdownファイルのプレビューを表示できるので便利。文字数カウント系のパッケージを追加しておくと使いやすいかもしれない。

atom.io

でんでんコンバーター

電書ちゃんのでんでんコンバーター - でんでんコンバーター

「はじめてみよう」のチュートリアルさえ読めば使い方は簡単。

自分で調べたこと、詩歌特有のTips

KDPの表紙サイズ

2017年2月現在、KDPにアップロードする表紙ファイルには以下の規定がある。

  • ファイル形式はJPGかTIFF
  • 寸法は1600x2560(px)が理想
  • 解像度は72dpi
  • ファイルサイズは50MBまで
  • カラープロファイルはsRGB

詳しくは公式ドキュメントを参照されたい。

kdp.amazon.co.jp

詩歌特有のTips

私の場合、短歌を作り始めたのが石川啄木(とそのフォロワーの小林多喜二)の影響なので、1首が複数行に渡ることが多い。

身投げした

蛍烏賊をバケツに汲みて

明日は酒盛り

酢味噌和えにて

という歌だと、テキストファイルでは以下のように記述しなければならない。

身投げした<br />
蛍烏賊をバケツに汲みて<br />
明日は酒盛り<br />
酢味噌和えにて<br />

おお……気持ち悪い……

さらに、続けて次の歌を記すには、以下のように記述しなければならない。

身投げした<br />
蛍烏賊をバケツに汲みて<br />
明日は酒盛り<br />
酢味噌和えにて<br />
<p><br /></p>
水張りて<br />
代掻き終えた田園の<br />
かがみのごとく青くひかりける<br />

おお……気持ち悪い……

Markdownを書き慣れている人にはこの気持ち悪さが伝わると思う……

雑感

いざEPUB3ファイルを作ってみるとXMLファイルを束ねたzipだったりするので、「*.jarファイルかな?」と思った。

まとめ


そんなこんなで作った詩歌集はKindleUnlimitedで無料で読めます。

雪解けの日に: 吉野雪緒 詩歌集

雪解けの日に: 吉野雪緒 詩歌集