読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びよーんのつま。

「私たちは、生きてさえいればいいのよ」(太宰治「ヴィヨンの妻」)

書き出しについて

書籍紹介 文学

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

思うに、文章を書くにあたって、書き出しほどむつかしいものはないでしょう。 何しろ、多くの人は文章を「頭から」読むのですから、さいしょに目に入る書き出しのでき具合によって、読み進められるか、読み飛ばされるのかが決るのです。

ブログ名について

「びよーんのつま。」というブログ名は、机の上にあった太宰治の『ヴィヨンの妻』(新潮文庫)からもらいました。

ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

これは、太宰治三鷹に住むようになってから、玉川上水に入水するまでの3年間に書かれた短編を集めたものです。これらの作品に共通する破滅的雰囲気、世に言う「デカダン」は私の人生に大きな影響を与えましたが、中学生の時分の私は、将来自分が「デカダン」的な生き方を送っているとは、考えもしなかったでしょう。

このブログについて

いささか不穏なことを申しました。 このブログでは主に以下のことについて記すつもりでいます。

  • 家事を楽にするための話題
  • 情報技術の話題
  • 情報サービスの話題

謝辞

最近改めて機械学習や情報アーキテクチュアに興味を持つようになった私に、ブログを始めるよう勧めてくれた夫・某氏に対して感謝の意を表すると共に、彼の3X歳がよき一年となることをお祈り申し上げます。

広告を非表示にする